« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月27日 (水)

ちょっとヤバイ

ちょっと気を抜くとあっという間に過ぎてしまい、1週間ぶりの更新となってしましました。

008_2 お久しぶりです。最近のキャロルは食べます。前回のイチゴもおいしくいただきました。

002 そして飲みます。

015 次は寝ます。

食べて、飲んで、寝る。食べて飲んで寝る・・・・。

013 そのせいか、なんかキャロルが最近太ってきたような気がします。

くびれがなくなってきたような・・・。

011 突然、目を覚まし、物憂げに遠くを見つめるキャロル。

お散歩コースの、蔵王の山々、川の流れを思い出しているのでしょうか?

忙しさと雪降りとでどこにも連れて行ってあげられなくてゴメンなさい。 

運動なし、食べて飲んで寝て、食べて飲んで寝て・・・じゃ~太りますよね!

週末はお出かけしようね、キャロルくん!猛吹雪だったら別だけど・・・。寒がりのキャロルぱぱ、ままなんです。

そんなこと言ってたら、デブ犬になっちゃうゾー!angry とキャロル。

そんなキャロルの気持ちにに賛同できる方も、そうでない方もぽちぽちと、下のランキングにクリックして下さい。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

Banner2_2

2008年2月21日 (木)

おっきいイチゴ

キャロルままの実家からおすそわけ。017 大きなイチゴ。

キャロルの顔の半分くらいあります。

022 500円硬貨を隣に置くと、その大きさがわかりますよね?

栃木産ではなくて千葉の東庄町のイチゴだそうです。

形がでかすぎると、味も大味かな?と思う人もいるでしょう。

023 決してそんなことはありませんでした。キャロルもガッツガツ!一気に完食。

満足、満足。005 次はマッサージ。

010_2 至福のときを過ごしました。千葉のイチゴ農家のおじさん?ありがとうございました。

キャロル。

そんなキャロルの気持ちにに賛同できる方も、そうでない方もぽちぽちと、下のランキングにクリックして下さい。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

Banner2_2

2008年2月16日 (土)

氷の世界

きのうまでの大雪は、落ち着いたようです。きょうは久々に陽が差す時もありごん太の休みも重なってお散歩です。011

いつもの散歩コースは氷の世界。

去年末の初めての銀世界から、もう雪道の散歩は免疫ができました。

021 ようやくアスファルトの地面が見えたぞ!

お散歩は、うーんと・・・・月曜日以来です。

今年は、大阪とか山口、などでも雪が降ったってニュースで見たけど雪に慣れていない地域の人は楽しい反面、生活面では大変なんだろうね。

026 それと雪が珍しい地域の人は、雪を食べたてみたいって思うらしい。

カキ氷!シャーベット!いちごシロップにしようか、ミルクかあずき金時か~なんて想像がふくらみます。

キャロルもクンクン。

028_2 つめたーい!

でも気持ちいい!

コートを着込んだ散歩で体がポカポカ。この冷たさは心地いいですよ!

・・・・・でも、

食べるのは・・・・・・

030

おすすめしません!

上空の、塵(ちり)、あくたが、結晶にくっついて地上に降りてくるんですもん!

除雪とか何もしなくて、自然に融けるがままの積雪の跡は、春先には黒ずんでます!

夢を壊すような話ですみません!でもほんと、雪を食べるのはお勧めしません。

005_2

あすから、また大寒波が来そうです。早めに寝ます。

最近お気に入りの寝床でおやすみなさい。ZZZZZZ・・・。

スポーツの氷の世界では、真央ちゃんが優勝したそうでおめでとうです。

そんなキャロルの気持ちにに賛同できる方も、そうでない方もぽちぽちと、下のランキングにクリックして下さい。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

Banner2_2

2008年2月14日 (木)

二年目の反省

初めてワンちゃん(=キャロル)を飼って1年3ヵ月が過ぎました。

久しぶりに犬を飼うための入門書に目を通しました・・・。

010 家族でご飯を食べ始めるとワンワン!

ご飯、おいしそう!

ちょうだい、ちょうだい。

くーん、くーん。

キャロルままは「しょうがないね~」と、少しずつ分け与えています。

入門書にはご飯は飼い主が食べた後に食べさせる。甘えてきても決してあげない、などとあります。そうでした。飼い始めたときは確かにそうやってたんです。獣医の先生も「ドッグフード」以外にあげないでって言ってました。飼い始めのときは守っていたんですが・・・。いつのまにかキャロルのかわいさ(飼い主の自己満足ですが・・・)に負けて要求どおり与えてしまっているこの頃であります。

030 留守番から開放すると一目散にやってきてクンクン!もう大興奮で足元にまとわりついてきます。

かまって、かまってビームを発射します。

それを我が家族は「留守番おりこうさん、ヨチヨチ」と大仰にかわいがります。

でも読み返すと入門書には、外出から戻ったら、落ち着くまでかまわないと書いてありました。ゲージから出した後は、いったんその場から離れコートなどを片付けてから接する、そうすればワンちゃんも落ちつくでしょう・・って。確かにそんなことが書いてありました!そうでした。飼い始めたときは確かにそうやってたんです。飼い始めのときは守っていたんですが・・・。

018015 飼い慣れたのか、キャロルのペースにはまりつつあるごん太一家。ほか家族の方たちはどんな風に過ごしているのか気になるところです

 

久しぶりの入門書で自戒を込めて反省し、よりよいドッグライフに貢献するぞ!と思うのでありました。

そんなキャロルの気持ちにに賛同できる方も、そうでない方もぽちぽちと、下のランキングにクリックして下さい。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

Banner2_2

2008年2月 7日 (木)

ねどこどこ、ねどこここ。

キャロルはお留守番のときはいつもゲージで過ごします。ごん太ら家族の最後の一人が出かけるとき「ハウス!」と言われる前に、察するのか自分で駆け込んでいます。このゲージはキャロルにとっては我が家。マイホームなんですね。020

マイホームの中のリンゴがキャロルの寝室。中に電気アンカをセット。

帰ってくるとたまにですが、リンゴの中が暑すぎたのか、リンゴの家をつぶす形で、リンゴの上で(ちょうどヘタのとなり)眠っていることも。

留守番でなければ一番のお気に入りはここでしょう!

どのヨーキーも入部している・・・はず。ストー部。我が家はファンヒーター前。P1000350

感電事故を乗り越え、今やファンヒーターと上手にお付き合い!

でもずっーと部活していると(ヒーターの前にいるだけの活動。しかもきょうの話題では寝る活動。うらやましい部活)暑くなるのか上の話のように暖かいところから距離を置いて自分で寝床を見つけます。

だいたいはヒーターの隣にあるソファなんですが最近、穴場を見つけたみたいで、もう、そこ行くと熟睡モードに。001

ソファはソファですが・・・。

ソファに置いていた簡易の衣装ケースがお気に入りの寝床に。

ねこ鍋みたい。

011 カメラ向けても、シャッター切ってもこの状態。

ほんとに爆睡のキャロル。

どんな夢を見てるのかな・・・。

平日はごん太が最後に家を出るんですが、ほんと気持ちいい眠りなのでしょう、けさは「ハウス!」と呼びかけてもしばらく衣装ケースの寝床から出てきませんでした。

そんなキャロルの気持ちにに賛同できる方も、そうでない方もぽちぽちと、下のランキングにクリックして下さい。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

Banner2_2

2008年2月 1日 (金)

奇跡から1年

久しぶりの更新です。気づいたら奇跡から1年が過ぎていました。

副題や1行紹介などに記している「感電死し・・・・」の事故(平成19年1月25日)から早いもので丸1年が経ったんですね~。いま思い出すと、絶句!絶望!悔恨!走馬灯!神さま!祈り!必ず!助けたる!来い来い!よしっ!動いた!キャロルっっー!奇跡だ~!(叫び)と刻々と動いたこころの変遷が手に取るようによみがえってきます。

1_006_2 そのとき、いつものようにファンヒーターの前で、ごろごろしていたキャロル・・・。少し離れた場所にいたので(ごん太もキャロルままも)気づきませんでした、まさかファンヒーターのコンセントを噛み噛みしていたとは。近づいたときはコードの内部がむき出しになっていて、焦げ臭いにおいが。

キャロルままが気づいたときはファンヒーターの前で固まったまま動かない状態。呼ばれて駆けつけたごん太も絶句!仰向けにしても固まったまま、なんの反応もありません。

1_001

ごろにゃ~ん、甘えのポーズではありません。

もう、ぬいぐるみのようでピクリともしません。胸に耳を当てると鼓動がありませんでした・・・。

絶望・・。キャロルままは泣いてるし・・。1_010 クリクリした瞳が、埋め込んだガラス玉のように全然動かないんです。目を離したばっかりにと湧く悔恨の情。家族の仲間入りしてわずか2ヶ月たらず。そんな短い間の楽しい思い出が走馬灯のように駆け巡りました(マジで)。

気を強く取り戻して、助けてくださいと心臓マッサージを始めました。特別な宗教もなく、そんなときはやっぱり神さま助けてくださいと祈りました。

必ず助かるはずだ!助けたる!(なぜか大阪弁)と勝手に信じ込んで中指と人差し指でマッサージを続けました。

人間に対処するように耳元で「キャロルー!」と叫びながら。人工呼吸もしました。人間にはしたことないけど講習会のような場に何度か同席した経験が奏功しました。

1_009 なんと瞳がわずかに動いたのです!「来い来い!」とがぜん、大きな声で名前を呼びマッサージを続けると、はっきりと心臓も動き始めました。ドックン、ドックンと、わずか1キロ弱の体を支えるキャロルの心の臓が大きく働き始めるのが聞こえました。

水を数滴、口元に含ませると何事もなかった様にむくっと体勢を整え始め立ち上がりました!

・・・・生き返った!奇跡だぁ~!やったぁー!とりあえず喜びまくり大興奮!

我に返ると・・・ごん太も、キャロルままも一気に体の力が抜けしばらく放心状態が続きました。

1_005_2

翌朝、病院に行ったら舌が焼けていて壊死して切断せざるをえないかもとの診断。

2ヶ月ほど通院・・・・。結果はこれまた奇跡でしょうか。部分的な壊死はありましたが舌はしっかりついたまま。おいしいごはんが食べられるんです!

1_007事故から、いえ、奇跡が起きてから1年。キャロルはしっかり大人になりました。

これらの写真は事故当時のもの・・・ではありません。

大人になった、いまのキャロルで再現撮影です。このへんも大人でしょ?エッヘン!

そんなキャロルの表情に賛同できる方も、そうでない方もぽちぽちと、下のランキングにクリックして下さい。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

Banner2_2

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »