« 買うのが早すぎた?ペット用スロープ | トップページ | 新年の初散歩 »

2011年12月30日 (金)

お正月映画は泣いた赤鬼 サイコー!!

今年もあとわずかとなりました。こちら地方は雪の正月を迎えそうです。

これといってネタもないので、お正月映画感想をつづってみたいと思います!

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル

トム・クルーズの最新作です。ハリウッド映画ですね~。ハラハラドキドキの展開で、面白かったです!

P1030058

ミッション「そこから飛び降りなさい!」キャロル「・・・それこそインポッシブルですcoldsweats01。」

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

スピルバーグ監督の作品。3Dでスピード感あふれる、独特のCGでリアル感があります。相棒のワンちゃんもかわいくタンタン同様、大活躍。次回作があることを匂わせるエンディングでした。

P1030069

へそ天満開のつくし「わたしもタンタンのお手伝いしたいです!catface」無理です。

聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実

豪華キャストで東映の力の入れようがうかがえます。役所広司がいいです。本格的な近代史もの。知らなかった話もあり興味深い作品でした。でも、140分は長すぎでしょう。爆撃シーンのCGもやや嘘っぽい点がマイナスかな~。

Dsc_0190

つくし「長いと途中で眠くなりますねsleepy

friends‐フレンズ‐もののけ島のナキ

日本製のアニメでジブリのほかにも、こんなに面白い作品があるのかとうれしい驚きでした!大人でも泣けます!いい話です。原案がこちら山形県出身の童話作家浜田広助の名作、泣いた赤鬼です。小さい頃読んでもらった、あるいは読んだことがある人も多いのではないでしょうか。コタケというオリジナルの子どもの設定もとてもかわいく、そのおかげで鬼たちのキャラが、より一層際立ちます。声優陣もピッタリ(香取くんがわざとらしい、という人もいますが)!残念ながら2Dで観ました。次は絶対3Dで観に行きますよ~!

この冬一番のオススメはこの、もののけ島のナキ!!

P1030071

ということですワン!是非観てみてね~。

キャロルからのお願いでした~。

ランキングに参加しています。よろしければポチポチとお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ

Banner2_2

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 山形県情報へ

« 買うのが早すぎた?ペット用スロープ | トップページ | 新年の初散歩 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

しばらく映画を観ていないのでそろそろ観たいなと思っていた所。
山本五十六は長いのね。
もののけ島は知らなかった!
参考にしま〜す。

新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

ウチもしばらく映画観てなかったので
そろそろまた観たいな~とは思っていたのです。
とりあえず「源氏物語」あたりを観てみようかと思ってるとこです^^

今年もどうぞよろしくお願いします~

私も長いこと映画見に行ってません。
ゆっくりスクリーンでみたいな。

私は若かりし頃フランス語勉強してて
当時タンタンは日本では無名。
フランスで買ってきた原語のタンタンの漫画
必死になって読んだのを思い出します!

遅くなりましたがおめでとうございます。
今年の冬休みは、年末に録り溜めたスカラ座オペラの鑑賞に明け暮れました。
という訳で、見た映画はDVDで「借りぐらしのアリエッティ」1本だけでした。
辛口のコメントをたくさん見かけたので期待せずに見たのですが、楽しめました。
映画のコメントって、辛口がおおすぎるような気がします。
「もののけ島のナキ」って、泣いた赤鬼が原作だったのですね。
是非観てみます。
情報ありがとうございました。
今年もワンズ共々よろしくお願いいたします。

返事です
masshy85さんへ!
ぜひ、もののけ島をご覧ください!
五十六もいいんだけれどね~。

ルーチョパパさんへ!
あけましておめでとうございます!
「源氏物語」はまだ観ていません。
ぜひ感想を聞かせてください!

返事です②
ハナオンマさんへ!
フランス語を学んでいたんですか~?
かっこいいですね~!
そう、絵本のタンタンはかわいいのですが、
今回の映画のタンタンはちょっとリアルすぎてかわいくないんです。
残念!

issueさんへ!
あけましておめでとうございます。
泣いた赤鬼が原作というか、原案という表現でした。
いろいろな脚色はされていますが、
ベースは泣いた赤鬼!
作者・浜田広助へのリスペクトが感じられます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 買うのが早すぎた?ペット用スロープ | トップページ | 新年の初散歩 »